zMovie

オススメの映画の基本情報、ネタバレありのストーリー、観た感想を綴っています。

映画「5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~」※ネタバレ

「Mein Blind Date mit dem Leben」の画像検索結果

あらすじを読んで面白そうと思いましたが
なんと実話に基づいたストーリー

 

Overview -概要-

原題:Mein Blind Date mit dem Leben(2017)

ドイツの伝記コメディ映画。

サリヤ・カハヴァッテの自伝をもとに先天性の病気で視力の95%を失った少年が、一流のホテルマンになる夢に挑むヒューマンドラマ。

サリヤは真面目で成績優秀、前途有望な学生として周囲からの期待も大きかった。しかし10代の時に突然、先天性の病気にて視覚の95%を失ってしまう。誰もが無理だという中、サリヤは一流ホテルで働くという夢をどうしても諦めることができなかった。サリヤは夢を実現するため、一世一代の "大芝居" を打つ!なんと目が見えないということを隠して、ミュンヘンにある最高級5つ星ホテルで見習いを始めるのだ。
逆境にも負けない決然とした意思を持ったサリヤ。周囲の予想を超え、親友のマックスの助けを借りながら何とか目が見えないことを隠し、ホテルスタッフからも信頼を勝ち取っていく。持ち前の明るさと努力でホテルの研修課題を順風満幡にクリアしていくのだったが、そんな折ホテルへ配送に訪れたラウラに恋をしてしまう。そして彼が慎重に築き上げて来た精巧な偽装が崩れ始めるのだった・・・。
徐々に予期せぬトラブルが起こり始め、想像以上に厳しい現実を前に、サリヤは本当の自分を見失ってしまう。
順調だったはずのホテルの研修でも問題を起こしてしまう。そしてサリヤは、夢も希望もなくしてしまいそうになるのだが・・・。

映画「5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~」公式サイト


目が見えないことを隠して一流ホテルマンを目指す!映画『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』予告編

 

Story -ネタバレあり-

Main Character
サリー(コスティア・ウルマン)
マックス(ヤコブ・マッチェンツ)
ラウラ(アンナ・マリア・ミューエ)

サリーの夢はホテルマンになること。真面目で熱意のある彼は周りからも期待されていた。しかしある時から先天性の病気で視力がどんどん悪化し、手術で何とか5%の視力は失わずに済むのだった。サリーは障害で夢を諦めたくないと思うが、授業のノートを取るのもままならない。ところが次第に聴覚が敏感になり、先生の唱えた公式などを暗記することで大学を卒業する。しかし、父親だけはサリーの努力を認めてくれなかった。

サリーは憧れの一流ホテルに障害も含め応募するが、全て不採用。そこで弱視であることを記さずに、ミュンヘンの五ツ星ホテル「バリエッシャー・ホフ」に応募すると、書類審査に合格する。サリーは妹と面接の猛特訓をするのだった。

面接にはもう一人、マックスというチャラチャラした青年が遅刻をしてくる。彼は一流レストランを経営する親の手前で受けに来たため志望理由もなかったが、サリーの助言によりふたりとも無事に合格する。

f:id:zMovie:20210209144222p:plain

サリーは最初のルームクリーニングの研修で、マックスに秘密がバレてしまうが、彼は告発せず協力する。次に厨房での研修中、ハムのスライスを頼まれサリーは手を切ってしまい、料理長は障害に気づくが、スライサーの扱いを丁寧に指導してくれるのだった。しばらくしてサリーは厨房の外で、野菜配送業者であるラウラの美しい歌声を耳にし、運命の女性だと思うようになる。

サリーはデートに誘い、マックスの助言で食事を楽しむ。ラウラはシングルマザーで5歳の息子がおり、父親は嘘つきだから一緒にいない方が楽だと話しました。弱視を隠しているサリーはその言葉に動揺しますが、彼女に嫌われたくないがゆえに言い出せずにいた。

次のバーでの接客研修は、サリーには特に難関で厳しい教官だった。仕事はお客が帰るまで続き、夜遅くまでグラス拭きをしていると、教官から何度もやり直しをさせられるのだった。

f:id:zMovie:20210209144414p:plain

そんなある時、父が愛人と財産を持って逃げたという知らせがくる。サリーは母が仕事に就けるまでアルバイトも始め、休日はラウラの息子と過ごしていた。疲れを紛わすために薬にも手をつけ、限界のサリーは休日出勤であることをすっかり忘れてしまう。マックスからの電話で慌てている間にラウラの息子がいなくなってしまい、パニックを起こしたサリーは、戻ってきたラウラにとうとう本当のことを告白する。嘘が嫌いなサリーは息子を見つけると、そのまま去ってしまうのだった。出勤したサリーはショックと薬の影響で集中できず、ウエディングケーキに突っ込んで式を台無しにしてしまい、バーから追い出されてしまう。その晩ヤケになり泥酔したサリーは、階段から転げ落ちて意識を失うのだった。

病院で目を覚ますと妹から、母が再就職できたから家に帰ろうと言われるが、ミュンヘン視覚障害でも受け入れてくれる職に就くと決める。コールセンターに見学に行くが、聴覚が敏感なサリーは無理だと感じるのだった。落ち込む彼をマックスはオフロードバイクに誘い、丁寧に案内をして、ふたりは山を駆け下りる。やりきったサリーは、自分を偽るのではなく、ありのままを受け入れる大切さを感じるのだった。

f:id:zMovie:20210209145926p:plain

ホテルに戻ってサリーは、目のことを正直に話し、それでも最終試験を受けたいと頼む。同僚たちの後押しもあり、手加減はしないと許可をもらえるのだった。

サリーは厳しいバーでのテストや筆記試験をこなしてゆくが、テーブルセッティングの途中でグラスを落とし制限時間に間に合わなかった。しかし他の試験はすべて高得点だったため、総合評価で合格となり「特に理論は完璧だった」と鬼の教官もサリーを認めてくれるのだった。

その後サリーはホテルマンにならず、マックスと店を始める。オープニングの日、ラウラが訪れ「ママに好かれるためなら、僕も嘘をつく」と息子に諭されたと言い、店を手伝う。二人はキスを交わし、ダンスを踊るのだった。

f:id:zMovie:20210209150116p:plain

 

Opinion -個人的な感想-

主人公の人柄と努力
実話をもとにされた作品ですが
聴覚が発達したとはいえ、彼の努力は並々ならぬものだと思います
見えていない演技をするのもある意味すごい演技力だと思いました
日本の映画「武士の一分」で盲目の武士を演じた木村拓哉さんの演技にも感動しました

主人公サリーの笑顔は、本当に誠実感が溢れ、接客の鏡
周りの人が協力してくれるのも心温まる作品です
その分、父親の最低ぶりには腹が立ちましたが
息子を応援しない親って・・・と思っていたら、ある意味納得の結末でしたね

 

実在のモデルについて
サリヤ・カハヴァッテについても記載します(公式サイト引用)

原作「MEIN BLIND DATE MIT DEM LEBEN AL’s Blinder unter Sehenden. Eine wahre Geschichte」
スリランカのシンハラ民族の血を引くドイツ人。15歳のころ、視力の95パーセントを失う。高校を卒業し、ホテルで見習いとして働いたあと、失明していることを何年も隠したまま、接客業と美食調理法においてキャリアを積む。サリヤは15年もの間、盲目であることを秘密にしておく。
ビジネスコーチとしてだけでなく、講演者としても優れた能力を持つサリヤは、ドイツ語圏の国々で講演を行い、自身の半生を語っている。現在はハンブルクに住み、仏教徒として修業を積みながら、アーユルヴェーダ料理に情熱を注ぐ。

実際は15年も働いていたんですね、本当にすごい
また、舞台となっている五ツ星ホテルも実在するホテルです

www.bayerischerhof.de

f:id:zMovie:20210209151901p:plain

ちなみに英語のタイトルは「My Blind Date with Life」
直訳すると「私の人生との盲目のデート」でしょうか
邦題はキャッチーで良いですが、原題もストレートでわかりやすいです

 

その後の人生
結局ホテルマンにならない結末は、正直意外でした
あれだけ努力して、周りの人も協力してくれたのに・・・
ドイツの雇用事情はわかりませんが
ホテル側も納得なのでしょうか
それか障害がわかった以上、雇用できないという規定があるのかもしれません
(マックスはどうなんだと思いますが)

しかし、親友とオープンした飲食店、恋人も手伝ってくれて
その方が、主人公サリーにとっては理想の人生なのかもしれません

fin